~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
facebook twitter instagram
TOP > メディア > 生田緑地で森林浴を案内しました

生田緑地で森林浴を案内しました

生田緑地で森林浴を案内しました

神奈川県川崎市の生田緑地にて五感を楽しむ森林浴を案内しました。その様子をお伝えします。

生田緑地は多摩丘陵の東端に位置しています。鎌倉時代には城(枡形山城)も築かれていたところです。1941年(昭和16年)に計画決定された都市計画緑地があり、都市公園の指定がなされ、以後は川崎市が管理。首都圏を代表する緑豊かな自然を有しています。この緑地を5月中旬に案内しました。

 

ビジターセンター内で予定を連絡

天候は曇り、気温18度。生田緑地東口にあるビジターセンター前で集合。

まずは、1階の、生田緑地の全体模型を見て、どんなところなのかを確認。

そして、2階にある休憩・打ち合わせスペースで、以下のとおり

今日の予定などをお伝えしました。

  • 開始・終了時間
  • 森林浴効果にはどのようなものがあるのか
  • そしてその効果は森林空間にあるさまざまなものが原因
  • それを受けるには、神経を使うことがよく、五感を働かせるのが大事
  • 触ってはいけない植物とトゲのあるものに注意すること
  • こまめに水分補給をしましょう

そしてお手洗いをすませてから森林浴のスタート

 

しょうぶ園を五感で楽しみます

ビジターセンターの近くにあるしょうぶ園へ。このショウブが植えられているエリアには、少しだけキショウブが黄色い花を咲かせていました。メインの花はこれから咲き始めるようです。今はカエルの鳴き声が響き渡り、池を眺めてみるとオタマジャクシが泳いでいました。

このあたりは、イロハモミジが多く、この時期は緑の若いカエデ、いわゆる青もみじがとてもきれいです。

ふと見てみるとヤブムラサキがあります。皆で葉を触ってみました。すごくふわふわしていて手触りがいいのです。ムラサキシキブとよく似ているのですが、触ってみると違いがわかります。

 

クスノキのエリアで落ち葉の匂いを比べました

しょうぶ園を抜けるとクスノキのエリアに出ます。下を見ると茶色と赤色の葉がたくさん落ちています。いくつか緑色のものがあります。3種類の葉を少し千切って匂いを比べてみました。同じクスノキの葉でも微妙に香りが違います。この時期ならではのものです。常緑樹のクスノキは、冬には葉を落としませんが、4月下旬に一斉に葉が生え変わります。

クスノキの葉先を見ると黄色い花も見えています。

 

5月中旬の紅葉を楽しみました

その先にはモミジが見えています。どうしたのでしょうか?この時期に紅葉しています。よくみてみるとイロハモミジより一回り大きな葉。そうですノムラモミジです。赤い葉なのはそういう品種だからです。

 

中央広場をぐるっと回ります

さて、中央広場内をゆっくりと一周して行きます。まだ花が咲いていないアジサイや、いずれドングリになるのですがまだ小さいマテバシイの実を眺めます。そのあと香りのある樹木を集めた「かおりの園」というエリアに到着。タイサンボク、スイカズラ、オガタマノキ、ナツミカンといったこの時期に咲く花々の香りを楽しみました。

おっとハナイカダがあります。この名前は、葉の真ん中に花が咲き、その花を人、そして葉を筏(いかだ)として名付けられました。花が咲いた後には、実がなり、その姿が珍しいものです。思わず皆で写真を撮りました。

 

メタセコイアが迎えてくれました

そして、生田緑地のシンボルとなるエリアへ到着。そう、メタセコイアの群落です。ちょうど若葉が伸びてきていて、触ると柔らかく、その手触りがとても気持ちいいです。あたりを見渡すととてもきれいです。神秘的な光景ですね。木の幹を触ってみたりして楽しむこともできます。

 

ここで、10分ほど時間をとって、それぞれが自由に行動する時間をとりました。皆さんいろいろ発見があったようです。

 

いろいろな幼木を見ることができます

「背の低いトチノキみたいなものがあったけどそれは何?」という質問がありました。

そのとおりトチノキの幼木でした。この辺りには幼木がたくさんあります。コナラ、ハリギリ、トチノキなどが生えています。関西では柏餅の葉に使用されるサルトリイバラも見つけました。皆さんなかなか幼木には気づかないことが多いですね。

 

見晴台へ登ります

そして、210段の階段を登って見晴台へ、そこからの眺めを楽しみ、そして聞こえる鳥の声が何種類あるのかを数えてもらいました。

 

黄色い花の写真を撮りました

その後は、木道のあるエリアを歩いて行きました。すると黄色い花が見えてきました。そうキンランです。なかなか見ることができないのですが、ラッキーでした。皆で写真を撮って笑顔になりました。

 

後は森の中をゆっくり歩き、むかし城があった枡形山広場に到着。一休みした後にビジターセンターへ戻りました。

アップダウンに少し疲れたとの話でしたが、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

 


この記事を書いた人

高田裕司(たかだゆうじ)

中小企業診断士、森林セラピスト、キャリアコンサルタント、森林インストラクター

経営コンサルタントとして、農業者支援と健康経営づくりに従事。
森林セラピスト、食と農のかたりべ(食農検定1級)として、皆が生き生きとなれるサポートを実施。
50坪ほどの家庭菜園で野菜づくりも。

TAROT

CATEGORY

RECOMMEND

アーユルヴェーダ的腸活法

アーユルヴェーダ的腸活法

コロナ禍で腸活という言葉が定着し、今では沢山の腸活の情報に溢れています。 その情報をキャッチすれば、試してみたくなるものですが、自分の今の体質に合っていなければ逆アプローチになってしまい、体に毒素を増...

フード ボディケア

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

森が教えてくれること

SNS