~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
facebook twitter instagram
TOP > メディア > 夏の森林浴を楽しもう

夏の森林浴を楽しもう

夏の森林浴を楽しもう

暑い夏、熱中症にも配慮しながら森林浴を楽しむには、気温・湿度が高くなる日中を避けることが大事です。早朝、夕方そして夜、それぞれそのときだからこその出来事を楽しむことができます。

まずは、夏の日の出・日の入りと気象状況から紹介していきます。

夏は、少しずつ日の出は遅く、日の入りは早くなる

神奈川県の8月の日の出の時刻は、4時50分〜5時13分と少しずつ遅くなっていきます。日の入りの時刻は、18時46分〜18時11分と少しずつ早くなっていきます。9月になるといっそうその流れが加速していきます。

年間で8月の気温・湿度は一番高い

8月の平均気温(横浜市、2020年)は29.1度(日最高33.7度、日最低25.9度)。平均湿度(同上)は75%となっており。各月の中で気温・湿度共に一番高いものとなっている。また、平均気温は年々増加傾向にあります。

それでは日中の高い温度・湿度を避けた森林浴をいくつか紹介します。

朝の早い時間に楽しむ

  • 遠くまで見渡すことができます

日の出後2時間ぐらいまでが該当します。この時間帯は、雲が比較的少ないので、遠くの山々をよく見渡すことができます。

  • この時期では一番過ごしやすい時間

一日のうちで夜明け前は一番温度が低いので、暑い夏でも風が涼しげです。夜明け前からの空の色の変化や樹木へ当たる光なども興味深いものです。

  • 朝にしか咲かない花にも出会えます

樹木の花はこの時期少ないのですが、アサガオやハスなどの朝しか咲かない花に出会うことができます。

夕方から夜にかけての楽しみ

  • 視覚と聴覚を研ぎ澄ます

少し長めの時間をとって、視覚と聴覚を研ぎ澄ませてみてください。

夕方から日没までは、明るさの変化が楽しめます。特に空の色の変化とそれが森林に映えるさまは、とても興味深いものです。

聞こえる音も変わっていきます。鳥やセミの鳴き声はどのような感じでしょうか。明るさの変化は動物や昆虫にどのような影響を与えるのでしょうか。

  • 夕方にならないと咲かない花にも出会えます

夕方にならないと咲かない花もあります。樹木の花では、ネムノキが該当します。草花ではマツヨイグサ、オシロイバナなどです。日没後の夜にならないと咲かない花にはカラスウリや月下美人があります。

  • 花の生存戦略には様々なものがある

どうして日中に咲かないのでしょうか。理由があります。これらの花々は、花粉をスズメガに運んでもらっているのです。このガの活動時間は夜中です。それに合わせて花を咲かせています。そして、これらの花は強い香りを発します。夜は光が月の明かりのみで、花の色だけでは存在がわかりくいです。それでそうなっていると考えられます。このように生存戦略には、様々なものがあります。

  • 夜行性の動物にも出会えるかも

夜には、夜行性の動物も数多く活動しています。コウモリは都市公園などでも見ることができます。他にも夜行性の動物に出会えるかもしれません。

 

蚊やスズメバチの対策が必要

  • 虫除けスプレーなどの対策グッズを用意

夏の森林浴では蚊に注意する必要があります。特に花や風景などを観察しているときには要注意です。虫除けスプレーなどの対策グッズを用意しておきましょう。

  • 服の色は白もしくは色の薄い服

また、長そで長ズボンをおすすめします。服の色は、黒や濃い色は避け、なるべく白もしくは色の薄い服がいいでしょう。蚊は、光の波長で色を見分けているため、黒っぽい濃い色を好む傾向があります。また、黒や濃い色はスズメバチにもねらわれるので、避けたほうがいいでしょう。

暑い夏だからこその森林浴を楽しんでみませんか。



この記事を書いた人

高田裕司(たかだゆうじ)

中小企業診断士、森林セラピスト、キャリアコンサルタント

経営コンサルタントとして、農業者支援と健康経営づくりに従事。
森林セラピスト、食と農のかたりべ(食農検定1級)として、皆が生き生きとなれるサポートを実施。
50坪ほどの家庭菜園で野菜づくりも。

TAROT

CATEGORY

RECOMMEND

アーユルヴェーダ・冬の養生法

アーユルヴェーダ・冬の養生法

立冬を迎え、いよいよ冬の始まりですね。 今年の冬は寒さが厳しくなるという予報ですが、感染症を含めて、どんな冬になるのでしょうか? 外気が低下してくると、体は体内(臓器)を温めようとするので、実は夏より...

フード ボディケア
おめでたい言葉「開運」のお話

おめでたい言葉「開運」のお話

「開運」と聞いて、何を思い浮かべますか?一粒万倍日などの開運日や、開運グッズ、開運祈願などでしょうか。開運とは運が開けるという意味であり、おめでたい言葉のため、年始によく見かけることが多いと思います。...

インタビュー etc
アーユルヴェーダ・秋の養生法

アーユルヴェーダ・秋の養生法

まだまだ暑く残暑が厳しい日もありますが、朝晩の空気は秋の気配を感じますね。 夏は火の性質ピッタ(PITTA)が優勢で、初秋は火の性質ピッタ(PITTA)の蓄積による症状がでやすいので、水分をたっぷりと...

フード ボディケア

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

森が教えてくれること

SNS