~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
facebook twitter instagram
TOP > メディア > 地球温暖化に森林が果たす役割って何?

地球温暖化に森林が果たす役割って何?

地球温暖化に森林が果たす役割って何?

地球温暖化に森林が果たす役割って何でしょうか?「光合成で二酸化炭素を吸収することでしょ」と答える方もいると思いますが、実はそれだけではなく、もう少し複雑です。

まず、地球温暖化について、そのポイントを確認することから始めます。

世界の平均気温はこの先上昇が続くと影響がさらに深刻化する

現在までに、世界の平均気温は産業革命前よりもすでに1度上昇しています。

この先1.5度、2度と気温が上昇していくと影響がさらに深刻化していくことが懸念されます。

影響には、様々なものがある

温暖化の影響には、水の問題(海面上昇、水不足、洪水の発生など)、自然への影響(生態系の変化、森林火災の増加、湿地の減少ほか)、暮らしへの被害(農業への打撃、病気や飢餓の進行、異常気象など)があります。

 

温暖化の主な原因は人間の影響

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書は、「20世紀半ば以降、観測されている温暖化の主な原因は人間の影響である可能性が極めて高い」と結論づけました。

人間の影響で最も大きいのは、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素などの温室効果ガスの排出です。化石燃料(※)の燃焼がこれらのガスの主な発生源であり、農業からの排出や森林破壊も重要な役割を果たしています。

  • 化石燃料とは石油、石炭、天然ガスなどのこと。 微生物の死骸や枯れた植物などが何億年という時間をかけて化石になり、やがて石油や石炭になったと考えられていることからこう呼ばれる。

 

パリ協定で平均気温の上昇を2度以下に抑えることで合意

パリ協定(2016年発効)は、気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定合意)です。

「世界全体の平均気温の上昇を工業化以前よりも摂氏2度高い水準を十分に下回るものに抑えること並びに世界全体の平均気温の上昇を工業化以前よりも摂氏1.5度高い水準までのものに制限するための努力を、この努力が気候変動のリスク及び影響を著しく減少させることとなるものであることを認識しつつ、継続すること」と記載されています。

 

日本は2050年までにカーボンニュートラル(※)を実現

日本は、パリ協定締約国であるとともに、2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロとする、カーボンニュートラルの実現を目指しています。

  • カーボンニュートラル (英語:carbon neutral) は環境化学の用語の一つ。日本語では炭素中立と言う。何かを生産するなど、一連の人為的活動を行った際に、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念では、地球温暖化に森林が果たす役割はどのようなものなのでしょうか?

 

地球温暖化を防ぐためには、温室効果ガスの一つである二酸化炭素の大気中への放出を減らし、さらに大気中から二酸化炭素を取り除くことに取り組む必要があります。

まずは二酸化炭素の大気中への放出を減らすことについて、説明します。

 

二酸化炭素の大気中の放出を減らすことについて


発展途上国での森林減少の抑制

木を切って、燃やしたり、腐らせ(分解)たりすると二酸化炭素を排出することになります。切った後に更新しないことから、発展途上国における森林減少は地球温暖化を加速させるものとして、国際的な問題となっています。これを抑制することが課題です。

 

木を燃やすことそれ自体はカーボンニュートラル

森林から生産される木材をエネルギーとして燃やすと二酸化炭素を発生します。

しかし、この二酸化炭素は、樹木の伐採後に森林が更新されれば、その成長の過程で再び樹木に吸収されることになります。つまり、カーボンニュートラルとなり、二酸化炭素を排出したことにはなりません。しかし、森林が更新されないと排出したことになってしまいますので、それを避ける必要があります。

次に大気中から二酸化炭素を取り除くことについてです。

大気中から二酸化炭素を取り除くことについて


植物は植物内に大量の炭素を蓄えている

樹木も含め植物は、光合成により、太陽からの光エネルギーを利用して、大気中の二酸化炭素と水から炭水化物などの有機物を合成しています。

また、作られた有機物は植物内に固定されており、特に樹木は幹や枝などの形で大量の炭素を蓄えています。

植物は呼吸により二酸化炭素を排出している

植物は、私たち人間と同じように生きていくための呼吸もしています。つまり、酸素を吸収し二酸化炭素を放出しているのです。

ただし、光合成に使われる二酸化炭素量は呼吸から出る二酸化炭素量よりも多いので、差し引きすると樹木は二酸化炭素を吸収していることになります。

樹齢により二酸化炭素の吸収能力は異なる

樹齢により、この割合が変わります。成長期の若い森林では、樹木は二酸化炭素をどんどん吸収して大きくなります。これに対して、成熟した森林になると、吸収量に対する呼吸量がだんだん多くなり、差し引きの吸収能力は低下していきます。したがって、人工林が成熟期を迎えたら、伐採して若い森林に更新することが効果的です。

 


出所:林野庁ホームページ

これまで見てきたとおり、二酸化炭素の放出と吸収に森林は大きな役割を果たしています。

より効果を発揮するには、森林減少を食い止めることや森林を適切に管理する必要があります。

また、地球温暖化を防ぐには、森林を維持することに加え、温室効果ガスを生み出している化石燃料(石油、石炭、天然ガスなど)を抑制することがとても大事になります。

それができてはじめて森林以外を含めたカーボンニュートラルが達成でき、地球温暖化の防止につながることになるのです。

どうでしょう。地球温暖化防止に向けた森林の役割について、ポイントをお伝えしました。単純なものではないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

最後に一つ、製品としての木材を使うことも地球温暖化の防止に役立ちます。

林野庁ホームページには、木材を住宅や家具等に利用することについて、以下の3つの効果があると記載されています。

 

製品としての木材を住宅や家具等に利用することは、木材中の炭素を長期間にわたって貯蔵することにつながります(炭素貯蔵効果)。さらに、木材は、鉄等の資材に比べて、製造や加工に要するエネルギーが少なく製造・加工時の二酸化炭素の排出量が抑制されることになります(省エネ効果)。また、木材のエネルギー利用は、大気中の二酸化炭素濃度に影響を与えない「カーボンニュートラル」な特性を有しており、化石燃料の使用を抑制することができます(化石燃料代替効果)。

 

参考

WWFジャパンホームページ

国立環境研究所ホームページ

林野庁ホームページ

森林総合研究所資料



この記事を書いた人

高田裕司(たかだゆうじ)

中小企業診断士、森林セラピスト、キャリアコンサルタント

経営コンサルタントとして、農業者支援と健康経営づくりに従事。
森林セラピスト、食と農のかたりべ(食農検定1級)として、皆が生き生きとなれるサポートを実施。
50坪ほどの家庭菜園で野菜づくりも。

TAROT

CATEGORY

RECOMMEND

アーユルヴェーダ・秋の養生法

アーユルヴェーダ・秋の養生法

まだまだ暑く残暑が厳しい日もありますが、朝晩の空気は秋の気配を感じますね。 夏は火の性質ピッタ(PITTA)が優勢で、初秋は火の性質ピッタ(PITTA)の蓄積による症状がでやすいので、水分をたっぷりと...

フード ボディケア
森は「緑のダム」

森は「緑のダム」

今回は「緑のダム」と呼ばれる森林についてご紹介します。 まず、日本にどのくらい森があるかというと、2020年時点、日本の森林面積は2493万5,000ha。世界の森林面積(約40億6000万ha)に対...

インタビュー etc
アーユルヴェーダ・夏の食養生

アーユルヴェーダ・夏の食養生

湿度と暑さが増す夏は、体力と消化力が低下するため、内臓に負担を掛けない、消化しやすいお食事をすることをオススメします。 アーユルヴェーダ理論からお伝えすると、夏は火のエネルギーが増えますので、火のエネ...

フード ボディケア

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

森が教えてくれること

SNS