~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
TOP > メディア > ヘルス&ビューティのカギを握る“プロバイオティクス”とは?

ヘルス&ビューティのカギを握る“プロバイオティクス”とは?

ヘルス&ビューティのカギを握る“プロバイオティクス”とは?
いくら健康を意識していても、身体の内側から整っていなければ、お肌や髪はボロボロ、健康維持も出来ません。
表面的ではなく、身体の内側から、健康・綺麗を目指すなら、プロバイオティクスを上手に摂り入れて、腸内環境を整えることが大切です。


プロバイオティクスとは

ヒトの腸内には、約100〜30,000種類、そして、約100〜1,000兆個にも及ぶ多様多種な腸内細菌が存在しています。

腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見(ひよりみ)菌の3種類に分かれます。
プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与える腸内細菌(=善玉菌)、又は、それらを含む製品・食品のことを言います。

善玉菌は腸内の働きを活性化させ、身体に良い影響を与えます。
悪玉菌は腐敗・炎症など身体に悪影響を及ぼすとされ、日和見菌は普段はほとんど影響を与えませんが、身体が弱っている時は悪影響を及ぼします。

健康の維持・増進には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌がバランス良く存在し(理想的なバランスは、善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%)、中でも、身体に良い影響を与えてくれる、プロバイオティクス=善玉菌が優位な状態である腸内環境を作る必要があります。


プロバイオティクスがもたらす効果とは

・整腸作用による便秘の改善、下痢の解消
・免疫力の活性化、有害物質や発がん性物質の抑制
・抗アレルギー効果、アトピー性皮膚炎軽減

など、健康の維持・増進において、多くの良い効果をもたらします。


プロバイオティクスを多く含む食品

代表的なプロバイオティクスには、「乳酸菌」「ビフィズス菌」が挙げられます。

プロバイオティクスを含む食品は、チーズ・ヨーグルト・乳酸飲料・味噌・醤油・漬け物・キムチ・納豆などの発酵食品です。

プロバイオティクスを増殖・活性化する成分「プレバイオティクス」も同時に摂取するように心掛けましょう。
プレバイオティクスは、豆類・きのこ類などの食物繊維と、キャベツ・玉ねぎなどのオリゴ糖を含む野菜類に含まれます。

「まごわやさしい」をキーワードに、豆類・ごま類・海藻類・根菜類・魚類・茸類・芋類を摂取するように心掛けましょう。


腸内環境は、生活習慣・ストレス・体調・年齢によって、バランスが変わります。

食事由来のプロバイオティクスはすぐに腸内に定着する訳ではありません。
コンスタントに摂取し続けることで、腸内環境を整えることが出来ます。

積極的に普段の食事に取り入れ、身体の内側から真の健康・綺麗を目指しましょう。



この記事を書いた人

張玉美(チャン オンミ)

○ローフードマイスター・ロースイーツパティシエ
○ローフードマイスタープレミアム認定校東京スカイツリー校主宰
○Beauty Rawsweets Okmee主宰
○全米ヨガアライアンスRYT200取得

リクルートにて美容事業に従事した後に独立。
“人生を美しく豊かにするBeauty Rawsweets”をテーマコンセプトに、レッスン・イベントやオーダーメイドローケーキの製作を行なっている。

今後はロースイーツ×ヨガのイベントも多数開催予定。

CATEGORY

RECOMMEND

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

森が教えてくれること

SNS