~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
facebook twitter instagram
TOP > メディア > 食べるものを愛することから生まれる私だけの時間

食べるものを愛することから生まれる私だけの時間

食べるものを愛することから生まれる私だけの時間

こんにちは。

丸山寛子と申します。

食卓をコンセプトにしたシェアキッチンハウスを運営しながら

胸きゅんする食材を探しに日本全国へ出向くことが好きで

日本中をふらふらして、

出会った食材をみんなに知ってもらいたく、そんな自分のやりたいことを

ゆるっと活動しております。

 

 

通常は月に2回くらいに色々な地域に出向いているのですが

新型コロナの影響で、こんなにお家にstayしているのが

本当に珍しく、

緊急事態宣言が出てから、自分がどうなってしまうのか

とても不安でしかなかったのですが、

人間というものは不思議なもので
おうちにいる時間も、すっかり慣れてしまい

今では「おうち時間」が、とても居心地がよくなっております。

 

少しずつ自粛が解除されていく地域も多くなってくると思いますが

東京を中心とする地域はもう少しだけ緊張感も続くかなと思います。

 

お家にいながら、心身ともに自分の時間を大切にするコツを

実体験をもとにご紹介できたらと思います。

 

 

私がこの自粛期間を楽しむために、

まずしたことは、毎日起きたら果物を食べることです。

 

もともと果物は好きで、積極的に普段からも食べるのですが

この期間はなんとなく、さらに果物を食べたい欲求があり

今年の4.5月は柑橘系をずっと食べていました。

3月末から4月の頭にかけては愛媛宇和島のブラッドオレンジ。



4月はレモン

(レモンは食べるというより、絞って、レモン水にしました。)

4月後半からは、夏みかん。

 

スーパーで購入するのではなく、知り合いの人から購入したものでした。

いわゆる顔が見える生産者というものですね。

 

全部が全部の食材を、顔の見える生産者さんから購入をしている訳ではないのですが、

とっておきの時に、

誰が作ったかわかるとなんだか、うふふと愛らしくなっちゃいますよね。

 

 

 

果物っていいな〜と思う瞬間は
まず手に取る瞬間から始まります。

少しゴツゴツした皮からは想像しがたい、ふわっと甘くふんわりとする匂い。

そっと鼻に近づけると、さらに体の奥まで、伝わります。

 

そしてカットする瞬間。

部屋中にみずみずしい柑橘の香りが広がります。
まさに天然のアロマですよね。

 

 

柑橘の香りを嗅ぐと、なんでこんなに元気がでてくるのでしょうか。

まだ少し眠っている脳に優しく、「おはよう」と呼びかけてくれます。

口に入れると広がる柑橘の香りは

鼻腔をくすぐりながら目がパチパチして

少し乾いた喉に、程よい甘さと酸っぱさが広がります。

 

 

柑橘の種類で、もちろん、それぞれ味が違うのですが

同じ種類でも、それぞれ甘み、酸味、苦味、ジューシーさ

私たち人間の個性が違うように、柑橘たちの個性も違います。

みんなそれぞれ樹の上で、大切に育てられてきたんだと、

柑橘たちの故郷を思いながら、また一口と食べるとその風景が浮かび上がります。

 

実際にそこの場所の環境を自分の五感で感じることが出来るのであればいいのですが、

なかなかそれを叶えることは難しいですよね。

特に今のご時世は、そう簡単に移動するのが難しくなってしまったことですし。

 

 

柑橘たちは、どんな風景をみて、どんな生産者さんに愛でられて

大きくなり、私のところまでやってきたのかを、ぼんやり考える時間が増えてきました。

 

 

そんなこと、今まで考えたことなかったのに、

時間の余裕が、頭の余裕になり、心の余裕にもなったのだな〜。

 

 

今まで、仕事をするための、移動時間に使っていたこの時間。

生きていくために必要な時間であることは変わりないし、

必死になって満員電車に乗っていた時間が、

 

あれ。

 

いつのまにかに私だけの大切にしたい朝のちょっと優雅な時間に変換され、自分と向き合う時間になっているのでした。

今まで、通勤時間に読もうと思っていて鞄に忍ばせている本と私の関わり方も変わってきたのです。

 

 

 

結局、通勤時間にスマホを見てしまって、

その自分だけの時間を作り出すことができなかった本たち。

 

 

そして本のカバーやページが折れてしまい、

ただ重く出先でみる産物からは、なんとなくは無言のプレッシャーを感じるのでした。

 

 

リモートワークになってからは、その果物を食べてから、読書をする時間が

自然と生まれたのは、私にとって大きな収穫でした。

 

 

 

思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

 

前から聴いたことのあったこの言葉、この言葉と再会したきっかけも

朝の読書の時間でした。

 

まさに今の私への啓示でした。これはマザーテレサの言葉です。

 

食べるものを愛でる、私のこの朝の自分だけのちょっとした習慣は、

いつかきっと自分のための性格になりそれが運命になる日がくるに違いないと

確信しているのでした。

この記事を書いた人

 
 

丸山寛子(まるやま ひろこ)

食卓をコンセプトにしたシェアキッチンハウスmogmogはうす主宰

食の発信者

 

〜胸きゅんする食材を求めて~

あなたにとって『美味しい』とは何ですか?

食で人と出逢いを繋ぎ

みんなで美味しいを味わいたいと考えております。

たくさんの人と楽しくご飯を食べて、美味しい

素材の味を噛み締めることができて、美味しい

健康になる食事を食べて、美味しい

日本の特産を食べて、美味しい

たくさんの『美味しい』があると思います。

そんな貴方の『美味しい』story

もっとたくさんの人と共有しませんか。

TAROT

CATEGORY

RECOMMEND

木のある農園

木のある農園

こんにちは!私は神奈川県大井町で 無農薬ブルーベリー摘み取り園を展開しております小宮真一郎です。〔自然との共生〕をテーマに一歩一歩進んできた農園の歩みを紹介させていただきます。 杉山を農園に 今から2...

インタビュー etc
ピアノと森と資源のお話

ピアノと森と資源のお話

突然ですが、皆さんはピアノをお好きですか? ピアノを弾いたことがない人でも、ピアノの音はすぐに思い浮かべることができるのではないでしょうか。 一方で、ピアノは黒いボディに、白と黒の鍵盤をイメージする人...

インタビュー etc
箱根七福神巡り

箱根七福神巡り

箱根七福神巡りに行ってきました。まずは、畑宿(はたじゅく)の守源寺(しゅげんじ)に行って、色紙を買ってスタートです。はこねのもり女子大学学長が味のあるイラストでご紹介! この記事を書いた人 天野 湘子...

インタビュー etc

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

森が教えてくれること

SNS