~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
TOP > メディア > 日本の森林 自然と人を繋ぐ香りを求めて 冬

日本の森林 自然と人を繋ぐ香りを求めて 冬

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の森林 自然と人を繋ぐ香りを求めて 冬

冬の香り 五感を確かめて

足先から全身に響く、紅や黄、茶褐色の落葉の絨毯から聞こえる、まるで甘くて熱々のアップルパイを頬張る時のようなパリパリッと心地良く乾いた音は、冷たく頬に刺さる木枯らしに乗って彼方へ。温かく穏やかな日差しが眩しいほど恋しい、1年で夜が最も長い季節を迎えます。振り返り、慌ただしく駆け足だった日も、目の覚めるような鮮やかな黄色と瑞々しく爽やかな香りのする、まあるい柚子が、まるで小さな灯火のように、心と身体をほっこりと温めてくれます。本格的な冬、新たな年を迎えた今、もう一度、健やかな日々に感謝と願いを込めて。心静かに、まあるい柚子を、両手で優しく包み込んで。


静けさに想う 冬の森へ

冬の森、木々達は大地にしっかりと根を張り、葉を土に渡し、地中では温度や湿度が保たれ、蕾や新芽が芽吹きだす、春を心待ちにする、植物や動物達の長く静かな呼吸の音が響いているようです。地上の白く深い無音の世界は、自己との対峙の時を与えてくれます。静けさの森に、一年を通した豊かな四季、そして様々な生命を生み育てる、大地の力強い息づかい、地球の循環を感じずにはいられません。


一滴の雫

森林を歩くと、四季折々の木々や植物達が私達を迎えてくれて、その香りに心と身体が解れていきます。天然のアロマテラピーが体験出来る森林は、香りのワンダーランドとも言われています。実際にアロマテラピーで用いられ基本となる精油(エッセンシャルオイル)は、植物から抽出された天然の素材で、揮発性の芳香物質として、忌避(きひ)作用、誘引作用、抗菌作用等、植物達が身を守り生きていくための様々なチカラ(有効成分)が詰まっています。この精油の抽出量は、植物の種類や部位により異なりますが、どれもほんのごく僅かな量です。お気に入りの香りの精油と出会ったら、是非その精油の産地や国、歴史文化等背景を少し探ってみてください。日本そして海外で生まれ育ち、私達に届けられる精油が、どれ程多くの人々の時間と手をかけてもらい、愛情を注いでもらっているか。どれ程貴重な一滴なのか。きっとその香りをより身近に、とても愛おしく大切に思えるでしょう。外出が叶わない、そんな時も、愛おしいその精油の一滴の雫が、室内でも自然森林空間を身近に感じさせてくれて、心と身体をほぐしてくれるでしょう。


よりよく生きるということ

自然や森林は、その空間に溢れる多様性やその調和によって、自然との一体感を私達に教えてくれます。つまり、私達人間は、自然とともに生き、そして自然の一部であるものと捉えるということです。それは、ホリスティックであり、アーユルヴェーダの概念とも共通しています。アーユルとは、サンスクリット語で「生命」「寿命を」意味し、ヴェーダは、「科学」や「真理」を意味します。つまり、アーユルヴェーダとは、直訳すると「生命科学」。これは、人間は、肉体・精神、そして魂の調和、バランスにより成り立ち、「より善く生きる」ことを目的とし意味しています。アーユルヴェーダの発祥はインドとされていますが、この「より善く生きる」ということ、これは、国や地域、西洋東洋、古代現代、全ての時空を越えて、私達人間の多くが願う生き方、本来の自己の自然治癒力を高め、未病を改善予防し、健康長寿でありたいと願う生き方を、現しているのではないでしょうか。


デジタル時代に 香りが繋ぐもの

来たる2020年、1964年東京での開催(アジア初)以来56年ぶり、2度目の東京オリンピック開催が決まり、その準備が進められる中、つい昨今、2025年国際博覧会(万博)が、55年ぶり同じく2度目となる大阪での開催が決定しました。戦後の高度経済成長から、幾つもの激動の時代を重ね、環境やデジタルの時代とも言われる今、再び世界から日本に渡された襷(たすき)は、きっと世界中の沢山の希望の香りがつまっているように感じます。世界有数の森林大国である日本。多くのお客様をお迎えするホスト国の私達自身一人一人が、今一度この豊かな日本の自然に触れ、自分の五感を確かめ、足元を見つめ、感謝し、大切にすること。それは、相手の立場に立ち、慮り、大切に想えるようになること。希望の香り、それは、自然と人、心と心、そして、日本と世界を繋いでくれる、地球のように、多様性と調和を生み育てる、まあるい心で、ホスピタリティあるこれからの時代を歩むための大切な道しるべ。目の覚めるような爽やかな香りで、少しずつ満たしていきたいですね。


この記事を書いた人

工藤 知恵

森林セラピスト、AEAJアロマセラピスト、インストラクター、ハーバルセラピスト、アーユルヴェーダセラピスト
日本産のアロマ、ハーブの普及、地域活性に取り組む。

こころとからだ、箱根の豊かな森林で、ゆっくりと深呼吸。
森林に触れると、現代を生きる女性に役立つ、嬉しいが一杯です。
森林セラピーを、身近に楽しく触れていただけるよう、お伝えしていきたいと思います。

CATEGORY

RECOMMEND

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

森が教えてくれること

SNS