~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
TOP > メディア > 心もあったかくなったら動き出すのかな? ハートウォーミングな3つのコツ

心もあったかくなったら動き出すのかな? ハートウォーミングな3つのコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
心もあったかくなったら動き出すのかな? ハートウォーミングな3つのコツ
カウンセラーのネタバレのような話になりますが、心を暖めるということについて、今回はお話ししたいと思います。

あったかご飯テクニック 〜TVの中の刑事さん〜

まずは昭和風の例え話から。

一昔前のTVでよくあった、刑事さんの容疑者取り調べシーン。刑事さんが使う“あったかご飯テクニック”なるもの、見たことありますか?

全く口を割らず、かたくなに容疑を否認する犯人、そこを執拗に厳しく追及していく刑事さん。時には机を叩いたり蹴飛ばしたり、そんな乱暴なことも。

それでもなお口を開かない容疑者に刑事さんがいよいよ使うのが、あったかい出前ご飯。

刑事『食べろよ、お前腹減ってんだろ、やるよ』
容疑者『いらねーよ、その手には乗らねーよ』

そんなとき、刑事さんがおふくろの話を出したりします。

刑事『お前の母さん、お前のこと見てどう思うんだろうな?』
容疑者『知るかそんなこと! クソババアの話なんかするな、アホ!』

そこで刑事さんが烈火のごとく怒り出します、

『バカヤロー! 親ってのはな、どんなにバカ息子だってよ、可愛いもんなんだよ!』

そのあと、急にトーンを落として刑事さんが、優しげに遠くの母を思い浮かべるようにつぶやきます。

『逆にな、バカな息子ほど可愛かったりするものなんだよ』

と。

するとなぜか感極まった容疑者が泣き崩れて、

『俺だってやりたくてやったんじゃねえんだよ、母ちゃん、ただ…』

などと、固く閉ざしていた心を開いたかのようにして自白し始めます。

これは、実はカウンセラーの基本でもある、心を暖める手法と共通点があります。

“何かを変えたい” カウンセリングに来られたAさん(女性、32才)



Aさん

「このままじゃいけないことはわかってる、何かを変えたい。私は私なりにこれまで色んなこと、やってきた。でも、ダメだった、、、だから、もう、どうしたらいいかわからなくて…」

そんなとき、カウンセラーは、
『あ、そういうときはね、こうするといいのよ。例えば◯◯◯というやり方があってね、大丈夫よ、このやり方やるとみんなうまくいくの。だからね、あなたもやってみなさい、ね、うまくいくから』
などといった話からは決して入りません。

なぜって、落ち込んでいる人、自信を無くしている人に、そんなことを言っても、心がイキイキと動き出すことがないのをよく知っているため。

ではどうするかというと、刑事さんがそうしたように、【心を暖める】ことから始めます。

心があたたまると、心は自ら動き出していけるからなんですよ。そして、その人が本来持っている底力を発揮していくのです。

心を暖める3つのコツ

では、心はどうやると暖まるのか? その3つのコツをご紹介します。

1.人から暖かな(優しい)雰囲気やメッセージを伝えてもらう

2.自分で自分に暖かい(優しい)雰囲気やメッセージを伝える

3.身体を暖める ~食事と運動~

カウンセリングで、カウンセラーが使う方法は、1番目のものです。

相談に来た方に暖かい、優しい、雰囲気やメッセージを伝えていきます。

そして、2.にあげた、その方が自分で自分に暖かく優しい雰囲気やメッセージを伝えることができるように目指していきます。

なあんだ、それだけなのカウンセリングって? と思われた方、そうなんです、それがカウンセリングのとても大切なところなのです。
もちろん、他にもさまざまな専門的手法はありますが。

それから、3つ目の身体を暖めるということ、これは食事と運動です。
食事は3つの観点からプラスを増やしていけるといいでしょう。

① 農家や生産者の想いが詰まった食材か
② 料理してくださった人の心がこもっているか
③ 心あたたかな人間関係に囲まれた食卓か

ともすると現代社会ではとても貴重なこの3つ。

増えれば増えるほど身体も芯から暖まり、心も暖められていきますよ。

運動、これは気ままにマイペースでいいんですよ。四季折々と移ろっていく自然の中を楽しみながら歩いていくと、心も自然と暖まってくるでしょう。

この記事を書いた人

新行内勝善(しんぎょううち かつよし)

心理カウンセラー、森林セラピスト、精神保健福祉士。

東京メンタルヘルス社にて、メンタルヘルス相談や、心の病からの職場復帰をサポート。
職場復帰プログラムでは森林セラピーを導入。
また、スクールソーシャルワーカーとして小中学校の子どもたちと家庭をサポート。

CATEGORY

RECOMMEND

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

SNS