~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
TOP > メディア > 秋の味覚には癒し効果がある?秋食材の魅力とは

秋の味覚には癒し効果がある?秋食材の魅力とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋の味覚には癒し効果がある?秋食材の魅力とは
少しずつ暑さが和らぎ、秋の気配が近づいてきましたね。
秋といえば、「食欲の秋」。

美味しいだけでなく、夏の間に疲れ切った身体へ嬉しい、栄養価の高い食材が豊富なのも秋の魅力のひとつ。
そんな味わい深い秋の食材をご紹介します。


精神安定効果がある「秋刀魚(さんま)」

秋の味覚の代名詞ともいえる、秋刀魚。

焼くだけでも美味しくいただけるため、この時期にはおうちご飯の優秀な主菜として大活躍のご家庭も多いはず。

秋刀魚には青魚に多く含まれる血液をサラサラにするEPAや、脳を活性化させるDHAをはじめ、ビタミンや鉄分、カルシウムなど多くの栄養素が含まれています。

特に、EPAやDHAはストレス状態を和らげ、リラックス効果があるともいわれているのです。

食べること自体、副交感神経を優位にしてリラックス効果があるため、ゆっくりと秋刀魚を愉しむことで食事の時間が上質なリラックスタイムに早変わり。


美肌効果抜群な「さつまいも」

甘みの強いさつまいもはお食事にはもちろん、小腹が空いた時のおやつとしてもぴったりな食材。

食物繊維が豊富に含有されているさつまいもは美容効果がピカイチ。

腸を綺麗にする一助になるため、女性では悩まれている方が多い便秘症にも良いでしょう。
(ただし、摂りすぎには注意してくださいね。)

また、さつまいもには美肌効果の高いビタミンCや抗酸化作用の高いビタミンEなど美容に嬉しい成分がたくさん含まれているのです。

ホクホクに焼いたさつまいもは、ボリューム感もありお腹に溜まるのでダイエット中の強い味方にも。

食欲の秋に賢く取り入れて、秋太りを回避してみてくださいね。


飲み会続きの強い味方にもなる「柿」

ビアガーデンの季節は過ぎ、飲み会続きの日々とはお別れかと思いきや、同僚の転職や部署異動に付随した壮行会や歓送迎会が続くことも多い秋シーズン。

お酒を飲む機会が連日続くこともあるかと思います。

そんな時に効果を発揮するのが、柿。

「柿が赤くなれば医者は青くなる」なんてことわざがあるくらいに栄養価の高い柿は、ビタミンCやβカロテン、タンニンなど栄養素が豊富。

中でもタンニンは、アルコールそのものや、二日酔いの原因となる成分と結合して体外への排出を促してくれる作用があるのだとか。

カットするだけですぐにいただけるので気軽に取り入れられるのもフルーツである柿の良いところ。


秋の味覚をピクニックで満喫する

秋の美味しい食材をより美味しくいただくためにおすすめなのが、ピクニック。

健やかな空気の中でゆったりと味わう秋の味覚は、心も身体も満たされる特別な食事になるはずです。

特に、日々オフィス等の室内で働いている方にとっては、太陽の光を浴びたり、緑に触れたりする機会は不足しがち。

過ごしやすい季節、心も身体も思い切りリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人

岩間 歩

ヘルシーフード&ヘルスケア インストラクター

健やかに毎日を過ごすために必要なTipsを提案。
こころとからだに嬉しいヘルシーフードに特化。
執筆やレシピ提供、イベント開催など幅広く活動中。
フード、ヘルスケア全般の記事を担当。

CATEGORY

RECOMMEND

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

森が教えてくれること

SNS