~森は女子の味方~
はこねのもりからキレイ、始まる。

facebook twitter instagram
TOP > メディア > 梅雨の時期には○○!ジメジメした季節を元気に乗り越える食養生のすすめ

梅雨の時期には○○!ジメジメした季節を元気に乗り越える食養生のすすめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
梅雨の時期には○○!ジメジメした季節を元気に乗り越える食養生のすすめ
梅雨はどんよりとしたお天気につられて体調不良を引き起こしがちな季節です。そんな不安定な時期にこそおすすめしたいのは、身体の内側からキレイと元気を作る食養生。梅雨のけだるさを、食事で予防しましょう。

梅雨は体に水分が溜まりやすい?

東洋医学的に紐解くと、梅雨は「湿邪(しつじゃ)」という状態を招きやすい季節。「湿邪」とは、外界に「湿」が多いために身体の中にある余分な水分が汗や尿として出ずらくなる状態のことを表します。足のむくみや腰のだるおもさなど、主に下半身に症状が出やすくなるといわれており、停滞しやすい性質から、一度取り付かれると症状が反復してなかなか改善されにくい……なんてことも。

また、この時期には消化吸収や水分代謝がスムーズに働かなくなりがちとされています。東洋医学ではその理由として、食べ物を消化・吸収し、栄養素を血液とともに全身へと運ぶ機能全般である「脾(ひ)」が、「湿邪」を苦手とするためとされています。梅雨の季節にお腹の調子が悪くて下痢をしたり、食欲不振に陥りがちなのは、「脾」が「湿」に邪魔されて本来の働きができなくなるからだといわれています。梅雨は湿度が高い季節。「湿邪」とうまく付き合っていくために、「湿邪」に効果的な食事を摂ることがおすすめです。

梅雨には甘いものが効果的?

梅雨には「脾」を補うとされる甘味がおすすめです。甘いものは、滋養強壮作用や痛みを和らげる作用があるといわれており、疲労や胃痛などにも効果的なのだそう。なお、「脾」には柔らかいものや温かいもの、脂肪分が少ないものが良しとされているため、冷たいものや硬いもの、味の濃いものや脂肪分の多いものは控えるのが◎

蒸し暑い梅雨には冷たいドリンクや冷えたビールが美味しく感じますが、取りすぎは注意。室内にいるときはホットドリンクをいただくなどして冷たいものに偏らないように工夫しましょう。

旬野菜を味方につけて梅雨を乗り越えよう!

野菜は食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルなど体に良い栄養成分がたくさん含まれています。その上、旬の時期の野菜になると旬以外の季節に比べて約2〜3倍ほど栄養価が高くなるのだそう。旬野菜を普段の食卓に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめ梅雨の旬野菜①トウモロコシ

トウモロコシは米、麦と並んで世界三大穀物のひとつ。糖分が多く、甘味があるためおやつとしてもおすすめです。糖分はエネルギー源となるので、「元気出ない……」なんてときにも強い味方。ビタミン類、ミネラルをバランスよく含み、特に食物繊維が豊富なので便秘改善や腸内環境を整える一助にも。そのほかにも、むくみ予防に効果的なカリウムや、疲労回復に効果的なビタミンBが含まれており、健康効果も◎

おすすめ梅雨の旬野菜②モロヘイヤ

「野菜の王様」とも呼ばれるモロヘイヤは優れた栄養価が高いことで知られています。特にモロヘイヤのぬめぬめした成分ムチンは、胃を保護して消化吸収の助けになるだけでなく、免疫力向上効果も期待できるそう。また、ビタミンCやビタミンEの含有率も豊富なため美肌、美容効果が期待できるのも嬉しいですよね。βカロテンが含まれているので、アンチエイジングにも効果的です。

いかがでしたか?梅雨の英気は、毎日の食事から養うと日常から心身の状態が整えられますよ。ぜひ取り入れてみてくださいね。

梅雨が過ぎ去れば、カラッと晴れる夏が到来。梅雨の間に籠っていた家を抜け出して、涼しい香りの漂う森林に出かけてみてはいかがでしょうか。

自然の豊かさで出来る緑の日陰は、夏の眩しい日差しと暑さを和らげるだけでなく、艶やかな緑色と森の香りにこころも身体も癒されること間違いなしです。

この記事を書いた人

岩間 歩

ヘルシーフード&ヘルスケア インストラクター

健やかに毎日を過ごすために必要なTipsを提案。
こころとからだに嬉しいヘルシーフードに特化。
執筆やレシピ提供、イベント開催など幅広く活動中。
フード、ヘルスケア全般の記事を担当。
blog:http://ayumiiwama.com/

CATEGORY

RECOMMEND

KEYWORD

はこじょ施設情報
施設情報 森林セラピー®を活かしたイベントなどを開催しています!

SNS